筑波大学 研究戦略イニシアティブ推進機構では、世界最高水準と呼ぶに相応しい実績と本学の特色を活かした学際融合性などを有し、新たな学術研究分野を切り拓く教育研究施設へと発展させるべき研究拠点を「戦略イニシアティブ」として支援しています。

 「戦略イニシアティブ」へのエントリーとして、拠点形成を目指すリサーチユニット又は大型の外部資金(科研費基盤(A)又は若手研究(A)相当以上)を申請代表者が申請時に獲得していることを要件として「プレ戦略イニシアティブ」が設定されています。

 ビジネスサイエンス系で取り組んでいる「プレ戦略イニシアティブ」研究プロジェクト(平成30年度採択、研究拠点提案型、拠点代表者:ビジネスサイエンス系・教授 山田 雄二)を紹介します。

市場取引とオープン化を基盤とするビジネスイノベーション支援のためのデータサイエンス研究拠点の形成

Construction of Data Science Research Station toward Market and Open Data Based Business Innovations

研究拠点形成計画の概要


 市場取引やオープン化によるデータ相互利用の枠組みが急速に進展している中で、日々蓄積されるデータを分析し、新たなビジネス戦略につなげるためには実務の理解と研究の高度化を同時に行うことが必要不可欠です。本研究拠点は、実務とアカデミックの接点を標榜する社会人大学院ビジネス科学研究科とビジネスサイエンス系が連携し、実務と研究相互の理解を深めることにより、ビジネスイノベーションを支援するためのデータサイエンス研究推進を目指すものです。

研究拠点形成計画の概要

 近年、ビジネスにおける市場取引、およびオープン化によるデータの相互利用の枠組みが急速に進展しています。例えば、小売電力自由化は電力という日常生活に不可欠なものまで市場原理によって価格付けされる時代へ導き、政府もオープンな市場取引のためにデータを積極的に公開しています。

 このように日々蓄積されるデータを分析し、新たな戦略につなげるためには、実務の理解と研究の高度化を同時に行う必要があります。本研究拠点は、実務とアカデミックの接点である社会人大学院と連携し、ビジネスと研究相互の理解を深めることによりビジネスイノベーションを支援するためのデータサイエンス研究推進を目指すものです。

研究拠点形成に係る研究の概要

 社会人大学院ビジネス科学研究科では、本拠点教員が中心となり、平成25年度から「革新的な教育プロジェクト」の一環として「イノベーション創出型データサイエンティスト育成教育プログラム」を、さらに、平成29年度は文部科学省高度専門職業人養成機能強化促進委託事業「有職社会人を対象とした社会科学型データサイエンティスト育成プログラム」を実施してきました。

 一方、ビジネスサイエンス系では中核教員が研究代表者として、当該研究テーマに関連したプロジェクト「電力市場活性化のための需給予測型取引戦略とリアルタイム取引実験環境の構築」、「モデル予測政策決定のためのエージェントベース・データ同化モデル」、「超多数母数型離散選択モデルに基づく消費者選択行動理解の進化と深化」を実施中です。

 本拠点形成計画では、これら個別に実施してきた研究テーマをビジネスイノベーションを支援するデータサイエンス研究領域の枠組みで有機的に統合しさらに発展させるための研究拠点を構築するとともに、産学連携活動支援、ワークショップ・シンポジウム開催等広報支援(下記)、および新たな外部予算獲得支援を実施していく計画です。

1st 『MIT-Tsukuba Joint-Workshop on Data Systems Science towards Social and Business Innovations』20-21/Jan/2020

第1回『ビジネスイノベーション支援型データ・システムズサイエンス(DSS) 研究拠点ワークショップ』16/Feb/2019

有職社会人を対象とした「社会科学型データサイエンティスト育成プログラム」開発事業実施報告書 Mar/2018