情報科学と社会科学の融合リサーチグループ

Research Group on Business informatics on social science

活動の概要

 社会科学分野においては,情報技術の重要性が高まりつつある.情報技術の研究を進めるため,本学修了生と教員による研究協力の場を構築する事の必要性が高まっている。本研究グループは、そのような研究協力の場を提供し、社会科学分野における情報技術の応用研究を加速する事を目的とする。

Overview of the project

 In the social science field, the importance of information technology is increasing. In order to advance information technology research, there is an increasing need to establish a place for research cooperation between graduates of this university and faculty members. The purpose of this research group is to provide a place for such research cooperation and to accelerate applied research in information technology in the field of social science.

代表者:
  津田 和彦(ビジネスサイエンス系・教授)
   連絡先:tsuda.kazuhiko.gn@u.tsukuba.ac.jp
学内メンバー:
  吉田 健一(ビジネスサイエンス系・教授)
  倉橋 節也(ビジネスサイエンス系・教授)
学外メンバー:
  小野 吉昭(リクルート:本学修了生)
  辻井 康一(日本旅行:本学修了生)
  原田 智彦(NTTデータ:本学修了生)
  田中 公司(日立社会システム:本学修了生)
  生駒 卓志(ノバルティス製薬:本学修了生)
  村上 正昭(東京都小学校教諭:本学修了生)
  関口 昭如(パナソニック:本学修了生)
  浅野 浩美(厚生労働省:本学修了生)
  永井 秀幸(大成建設:本学修了生)
  栗山 健 (学研:本学修了生)