リサーチユニット/ リサーチグループ

リサーチユニット(ビジネスサイエンス系教員が代表者のもの)

http://research-unit.osi.tsukuba.ac.jp/

【複合系】

情報伝播の計量分析

代表者:ビジネスサイエンス系・教授 猿渡 康文
http://www2.gssm.otsuka.tsukuba.ac.jp/staff/saru/
(概要)
社会的なインパクトが大きく、その発生にしたがってマーケット構造を変化させる可能性が高い情報拡散現象を対象に、メカニズムの同定と数理モデル化を行うとともに、制御可能性を探る。

unit70

 

 

 

『筑波大学リサーチユニット総覧より抜粋』

グローバル人材開発

代表者:ビジネスサイエンス系・教授 永井 裕久

(概要)
グローバル並びに学際的な視点から、国際経営の最前線で活躍する次世代型グローバルリーダーの力量尺度開発、人材育成、配置活用等について実証調査、定量・定量分析にもとづく総合的な実務的提言を行う。

unit71

 

 

 

『筑波大学リサーチユニット総覧より抜粋』

ビジネスサイエンス系リサーチグループ

情報科学と社会科学の融合

代表者:ビジネスサイエンス系・教授 吉田 健一
http://www2.gssm.otsuka.tsukuba.ac.jp/staff/yoshida/rg/index-j.html
(概要)
社会科学分野における情報技術の重要性増加にともない、本研究科修了生と教員による研究協力の場を構築する事の必要性が高まっている。
本研究グループは、そのような研究協力の場を提供し、社会科学分野における情報技術の応用研究を加速する事を目的とする。

プログラミング技術応用研究グループ

代表者:ビジネスサイエンス系・教授 久野 靖
http://www2.gssm.otsuka.tsukuba.ac.jp/staff/kuno/ptech13/
(概要)
プログラミング技術はさまざまな情報技術・情報システムを新たに作り出す基盤となる技術であり、今日その重要性は増大しています。本グループは社会にとって有用なプログラミング応用を可能とするようなプログラミング技術全般、とくにプログラミング言語、プログラミング方法論、ソフトウェア開発手法のための教育について新たな知見を追求することを目的とした研究グループです。